今更ながら猫紹介Ⅱ育猫ノイローゼ
a0014810_22443330.jpg今でも時々聞かれる事があるので、改めて――
猫の名は‘アイシス’。このアイラインが古代エジプト人を
思わせたので、「王家の紋章」の女王の名を付けました。

誕生は昨年4月。なぜか?一緒に生まれたもう1匹の
オス猫と共に母猫に育児放棄され、よちよちしてた所を
夫の知人N氏が保護。オスはN氏が、メスはしばらくして
我が家へ・・・ちなみにオスの背はアメショの模様でした。
それから約2ヶ月――泣いた、鳴いた、私と猫が。
抱っこしてれば静かに眠るが、降ろした瞬間、鳴きわめく。
なぜ延々と鳴くのか?頼むから私を一人にしてくれ~~っ!
あゝ頭の中で猫の声が・・・外したはずの鈴の音が聞こえる
・・・いやもう、こうなると育猫ノイローゼ(^^;)
元々私は猫好きでなく、トラ縞模様と豹柄が嫌いなのだ。
が、夫は猫にべたべたに甘い。猫と私、どっちを取る?!
やがて半年後――はい、慣れた(あ、あら?)今や猫専属カメラマンは私である。

☆明日、miruraはおりませんので、かわりに撫でてやって下さいませ。。。
[PR]
by mirura_house | 2004-09-29 23:33 | 猫、来たりなば


<< 猫はもの思ひす 猫は初物を好む >>