猫は語る・・・
a0014810_10312082.jpg
夕べは普段より早めに休んでたんですよ。
そしたら、夜中の12時頃だったでしょうかねー
――窓の外に微かーな気配がするんです。
いや、人の耳じゃ判らなかったと思いますよ。
でね、それがどーも羽音っぽいんで、ああ、
またトンボか何かかと最初は思ったんです。
が・・・あれ?待てよ、なんか変だなーと。
考えてみたら、こんな夜中に来るわけない
じゃないですか。でもそうこうしてるうちに、
どんどんどんどん音が大きくなって、こっちに
近づいて来た。カサカサッ・・・バタバタっと。
こりゃどーにも気になって眠れない。
だから私、意を決して、飼い主に命綱付けて
もらって、強風の中に飛び出してみたんです。
そしたら――わかりましたよ、正体が!

           by イニャ川淳二の恐い話
[PR]
by mirura_house | 2004-09-08 10:58 | 猫は・・・


<< 猫は注意は聞く耳持たん 猫はいい態度である >>